NEW HAIR 2016-2005

NEW HAIR 2016 [code-E]



大人の余裕と品格をもちながら、やんちゃな少年っぽさがあり、

仕事はもちろん趣味やファッションにも前向きで、皆から一目置かれる存在・・・

そんな人物を描くことで、ニューヘア「code-E(コード・イー)」は誕生しました。

シンボルのモチーフは「X」と「Y」―「男」と「女」

大人の色気、終わりのない進化を意味しています。

今までにはない「Eラインを意識する」という新しいアイデアが、

日本人のコンプレックスを解消するヘアデザインを実現させました。



いつの時代も、誰に対しても、

変わることのないヘアデザインの法則がここにあります。





【code-Eのポイント】

 

1.トレンドポジションの分析

  2016年の主流となるテイストを分析、予測し、それをベースに相反するファッションも取り入れた

  メインデザイン。

 

2.仮想人物(ペルソナ)の設定

  「ペルソナ」(ターゲットの中心となる代表的なモデルを人格化したもの)を設定することにより

  お客様の共感のポイントを見つけ出していく。

 

3.Eラインを意識したヘアデザイン

  理想的な横顔のバランスを目指し、美しい口元の基準「Eライン」を活用してヘアデザインで

  きれいな口元をつくる。



NEW HAIR 2015 [D]

 

 閉ざされたDoorの向こうは 壊れてしまった “昨日までの世界”

 崩れた積み木を積み上げてみても

 過ぎし日の古城は 元のカタチには戻らない

 

 でも やがて 季節は移ろい 荒れ果てた大地にも花が咲く

 長く続いた涙の雨も ゆっくりと だけど確実に

 希望という名の光となって 愛燦々と降りそそぐ

 

 「頑張れ」から「安定」へ

 

 “時間”という名の妙薬は 幾多のショックや哀しみさえも

 未来を描く再生のエスプリへと変える力を持っている

 

 あの時 何を目指せばいいのかさえも判らなくなってしまった僕らが

 彷徨いながらも行き着いたのは 「自分」という名の ひとりの人間

 

 濡れたコートを脱ぎ捨てて 柔らかな風を身に纏う

 素朴で神秘的な場所へと佇み ノスタルジックに流れる風景や

 ほのかに漂う甘い香りに五感をゆだねる

 

 幾千もの時代をくぐり抜け 研ぎ澄まされてきた遺伝子は

 自分がいちばん心地良いと感じる場所を無意識のうちに探り出すのだ

 

 さあ そろそろもう一度 Doorを開けてもいいんじゃないか

 

 教えられたことを教えられたままにやってきた今までの自分と

 違う自分に逢えるかもしれない

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

                        Dream《ドリーム》?それとも Diamond《ダイアモンド》?

                                         あなたが掴み取る「D」は何ですか?

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2015 時代が彩る旋律は  SMART & SWEET

賢さと優しさが共存する「自分らしさ」の提案

 

時代をリードするためには、上手なスタイルをつくること以上に「時代の香り」を的確に表現することが重要。シンプルなプロセスでロマンティックな時代の空気を表現できるイメージ提案をコンセプトに、「D(ディー)」はつくられました。

「TREN【D】」(トレンド=時代の潮流、流行)というテーマに対し、「【D】ESIGN」で応えるという想いを【D】の一文字に託しました。

 

<「D」の特徴 >

○フロントサイドの踊るような躍動感

○ライトサイドからヘビーサイドにかけ、優雅でナチュラル感のある柔らかなパーマスタイル

○男性にも女性にも違和感なくアジャストできるイメージデザイン

 

NEW HAIR 2014 [VitA]

 

それは、未来を描く新しい価値観を持った大人のためのヘアスタイル。

 

 

大人とは、歳を重ねることではなく、

本質を見極め、真の良さを知る人のこと。

古き良きものを認め、新しき良きものを生み出していく人。

昨日に学び、明日を創る。

つねに前向きに、光を放って、「いま」を生きる人たちへ。

年齢を超えて真の大人であるために、

”VitA”とともに。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

基本はオープンフェイスで、シャープなサイドの刈り上げと、

フロント、トップ、ハイゾーンのウェーブが特徴的なネオリーゼントスタイル、

それが”VitA”です。

”VitA”には、原点回帰をモチーフにした『ノスタルジック』と

都会的で洗練された『ソフィスティケート』の2スタイルがあります。

 

 

NOSTALGIC/ノスタルジック

 

紳士であることは、時代を超えた原点ともいえるテーマ。トラディショナルな印象を与えながら、フォーマルをアレンジし自然な立ち上がりとゆるやかな毛先の動きを活かしたスタイリングが特徴。

どこか懐かしさを感じさせる、深みのあるカラーとの相乗効果で、知的でゆとりある大人のイメージを演出します。

 

SOPHISTICATE/ソフィスティケート

 

いつまでも若々しく前向きでありたいと願い、古きよきものに学びつつモダンに生きる。正統的でありながら、どこか遊び心を持ったゆとりを感じさせるヘアスタイル。都会的で洗練された印象を与えます。色を重ねることで透明感を表現した奥行きのあるカラーが特徴。

オン&オフのどちらにもアレンジが可能です。

NEW HAIR 2013 [JIG]

 

大胆に軽快に、自由に変化する。

 

年齢や性別を超えて、すべての人に変化をもたらすスタイルとして生まれたニューヘア「JIG」。

「JIG」は、かつてデザイン性、再現性の高さから、多くのお客様に支持を受けたアイロンパーマを取り入れているのが特徴。根元にいれることで立ち上がりをつくる逆アイロンや、低ダメージの手法として注目されているクリープアイロン、ウィービングの要領でつくるランダムなカール表現など、アイロンパーマを現代風に再構築しています。

各ゾーンのレングスを変化させることでメンズ、レディスともに幅広い年齢層のお客さまに対応可能で、シンプルなカットテクニックと優しく艶のあるウォーム系ベースカラーがドラマティックなデザインを生み出し、あなたの持つ個性を最大限に引き出します。

 

    ・・・・・・・・・・「JIG」スタイルイメージ・・・・・・・・・・

写真の上でクリックすると、大きな画像でご覧いただけます。

 

NEW HAIR 2012 [PRISE]

 

斬新なカット技法で展開される「プライム感」あふれるテクスチュアー

髪をより自由に大胆に動かすパーマシステムが生む「ライズ表現」

新しさや力強さを表現する「スモーキーカラー」

 

それらの魅力を盛り込んだ、斬新で力強く

スタイリッシュな 2012全理連ニューヘア「PRISE(プライズ)」。

テクスチュアーカットと連動したパーマや、 ゾーンニングと連動したカラーシステムが

あなたの中の本当の魅力「リアルセダクション」を引き出します。

「PRISE」またはアレンジヘアをご希望の方は、最寄りの理容組合加盟店へどうぞ。

 

       写真の上でクリックすると、大きな画像をご覧いただけます。

 

 

2011 NEW HAIR[CROSS]

 

2011 NEW HAIR

CROSS[クロス]

ネオベーシックが時代を変える

 

スッキリとした清潔感あるカットで品の良さを演出し、スタイリング次第でビジネスにもプライベートにも対応できる究極のショートスタイル「CROSS(クロス)」。

「骨格補正」を軸に従来のスタンダードスタイルを再構築し、シンプルな技術とこだわりの質感表現で、少しだけきちんと、少しだけスタイリッシュに転換をはかります。

ベーシックなショートスタイルでありながら見る角度によって表情が変わる、ショートヘアを新たな方向性に導く革新的なスタイル、それが「CROSS」です。「CROSS」またはアレンジヘアをご希望の方は、最寄りの理容組合加盟店へどうぞ。

 

 

2010 NEW HAIR [TRICK]

 

 

いま、すべてのトリックが明かされる。

 

目指したのは、だれが見ても「カッコいい」ヘアスタイル。ターゲットは、団塊Jr.世代を含む3045歳までを想定し、ヘアスタイルによってイメージチェンジが図れることをアピールしていきます。方向性としては、「リラックス&ラグジュアリー」。

リラックスした表情を見せながら、ラグジュアリー(豪華さ・贅沢さ)な雰囲気を併せ持つスタイルです。柔らかなシルエットや、ライト感もありながら、豪華さ、贅沢さを併せ持ち、技術的には単純でシンプルなものを指向しました。

長さもあまりロングにはせず、必要な要素だけで構成するミニマリズムや、時代背景を鑑みたエコイメージも取り入れて創っていきます。


そこには、4つのワードが隠されています。時代の流行(Trend)を見極め、発想力(Idea)と創造力(Create)が鍵(Key)をにぎるスタイル、それが「TRICK トリック」。

 

シンプルでありながら深く、ライフスタイルに合わせて変化する、従来の考え方とはまったく異なる、新しいヘアスタイル、それが2010 NEW HAIR「TRICK」です。

 

2009 NEW HAIR[3A-tion]

 

わがままでいい。

もっと妖しく、そして優雅に。

 

Ambition(野心)強さ&男らしさ。

3つのA-tionのなかもっとも男性らしいフォルムを持つカットを活かしたスタイル。

長さは短め、全体に強さと男らしさ、硬質なイメージを演出します。

Attraction(魅惑)柔らかさ&大胆。

全体に優しく、柔らかく、それでいて大胆な印象を与えるスタイル。

ウォーム系を活かしたカラーリングが妖しく、個性的な魅力を引き出します。

Action(躍動)しなやかさ&明るさ。

柔軟でしなやか、それでいて弾けるような若さを表現したスタイル。

パーマを活かしたウェービーなタッチが、行動的で明るい印象を創ります。

 

わがままでいい。もっと妖しく、そして優雅に。

Ambition(野心)+Attraction(魅惑)+Action(躍動)

3つの「A」を兼ね備え、男らしく、自由奔放、ときにわがままで、

繊細さもあわせもつ。いくつもの表情を持つヘアスタイル、それが3A-tion。

 

20代は若さの奢りと初々しさを打ち出して。

30代はあふれる野心と刺激的な楽しみを。

40代は余裕ある遊び心とちょっと悪な気分を。

50代はあの頃のような冒険の心を持って。

時に強く、時にしなやかに。世代、性別を超えて輝きを放つスタイル。

 

3A-tionから始まる、新たな世界に向かって。

いま、自分らしさを探す旅へと赴こう。

 

2008 NEW HAIR[風ga]

 

自分らしさは、自分がつくる。

 

時代の風にたなびきながら、自ら「風」を起こすために、内なる「ga」に目を向けて、確かなものを創り出す。単なる目先の流行ではなく、自分自身が納得するスタイルを確立していく。

自分のスタイルがあれば、もう迷うことはない。時代の先端に向かって、一直線に走っていけ。風を起こしながら。「風ga」は、ファッションや趣味、生き方に合わせてアレンジができ、「自分らしさ」を表現できるニューヘア。新しい和の伝統と時代の先端をいく技術が融合して生まれた、画期的なヘアスタイルです。

 

 

それは一陣の風。さわやかに、しなやかに吹いていく。

我、雅、香、牙、臥、画、駕…すべてのgaを巻き込んで、

いま一陣の風が、頭上に吹き渡る。

 

2007 NEW HAIR[REVO]

“REVO(レヴォ)”それは、融合によって

生まれる、革新的なスタイル。

 

自然や人間、伝統を深く理解し、尊重する豊かな精神に基づき受け継がれてきた技術や伝統を踏まえ、さらに新しさに挑戦し前進するエネルギー。オーソドックスからトレンドまで知性から野生まで、ソフトからハードまで、大人から子供まで、男性から女性までさまざまな要素を融合し、あらゆる要求に柔軟に対応できる技術力を駆使し、新しい時代を斬り拓く、独創的で魅力的なスタイルです。

 

Respect[リスペクト]

自然や人、伝統を尊重する精神

Energy[エナジー]

挑み続け前進する活力 

Variety[バラエティー]

さまざまに対応できる技術力

Originality[オリジナリティー]

新しい時代を拓く創造力

 

“REVO”はこの4つの思想を融合させた言葉であり、

また、Revolution(革命・革新)にちなんだ言葉でもあります。

 

 

2006 NEW HAIR「impression X」

 

創造的な仕事の数だけ

感動(インプレッション)

が生まれ、

感動(インプレッション)

の数だけ発展にもつながる。

 

大切なのはいかに感動が

生まれるか 

— impression Xは、

「感動」をお客さまと一緒に

創り上げていきます。

 

全理連が2006年に向けて発表するニューヘアスタイルは「impression X」

長い=短い、古い=新しい、ソフト=ワイルド、コンサバ=アバンギャルド…
相反するものを取り入れながらも、絶妙なコントラストで造形的にも美しくバランスを維持することで“今という時代のテイスト”を表現するスタイルです。

いつも、洗い立ての、染みひとつない自分でいたいと思う。

欧米はもちろん、日本でも、かつてのように皆が右へならえの、型どおりの流行は存在しない。

時代の大きなトレンドを感じさせながらも、一人ひとりが自己表現をより愉しむようになってきました。

 

2005 NEW HAIR 「WIN」

 

WIN(ウィン)勝利、優勝する、勝ち取る、獲得する——

自然な髪の流れとアクティブな動きが、スポーティー&カジュアルの新定番とし

て個性的なオシャレを演出します。

新・スポーティースタイル

2005年は、2004オリンピック・アテネ大会の影響や、2006.FIFAドイツ大会に向けてのワールドカップサッカー、日本人大リーガーの活躍など、人々の関心が「元気」や「希望」を与えてくれるアスリートに注目が集まると思われます。

 

WINは、力強く、元気なスポーツアスリートのエネルギーをお客さまに感じていただき、生活に元気と心地よさが生まれるヘアスタイルです。

対象は団塊ジュニア世代

現在のボリュームゾーンの『団塊ジュニア世代』のヤングアダルト(25才から30才)に向けてのスタイル提案です。アレンジによってその親世代の『団塊世代』、『新人類世代』にも楽しんでいただける幅広いデザインです。